演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

美露土のお客様

お客様の要望に沿ったドレスのお直しをしました。

16/05/31 |カテゴリー:美露土のお客様
ステージに立つドレス姿 いつまでも一番きれいに良く見せたい 強い女心があります。




より細く、より綺麗に見せたい女心を トレーンのあるオーバースカートをプラスしました。

本体のドレスにはお直しの必要がないのですが 

ドレス姿をより細く見せたい強い気持ちがおありで ドレスを触ると本体のシルエットが出るので

ドレスを触らずに細く見セル方法を色々工夫してみました。

1、Aラインのドレスにウエストラインを装飾ビーズやブレードで飾ってみました。
 ウエスト切り替え風を作る事は見た目にそこに視点も集まり 細くみえます。

2、ステージに立つ演奏用ドレスとなると より細さを強調する為にはドレスの裾の広がりを2倍位
 にしてみる方法をとりました。
 裾が広がれば それだけウエスト部分が細く見えますので
 
トレーン引きのオーバースカートを取り外し可能な形に付けてみました。

オーガンジー素材は 動きに反応してより裾の広がりを出しますので 

このような付属パーツを一つ付けて 細く見える、綺麗に見える工夫もありますね。
 


ピアノ演奏用袖ありドレス 動きやすい袖が必須ですね。

15/04/22 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き) ,美露土のお客様
ピアノ演奏時の袖の動きは 演奏に支障がない動きの良い袖が求められます。

一般に大人の演奏用ドレスはノースリーブが多く存在しますが 

高校生や中学生向きの演奏要ドレスや 大人でも腕を出したくない方には 

このようなキャップスリーブのドレスをお薦めいたします。

450-sode.jpg
袖下を開けたキャップスリーブです。 

演奏中の袖の突っ張り感は 見頃とつながっている袖下のゆとりの無さが不都合を起こします。

この部分にゆとりを入れ過ぎるとドレスとしてブカつき 綺麗なシルエットになりません。

演奏者にとってはちょっと困った事になりますので 袖下開ける工夫をしました。

動きやすさはノースリーブとかわりません 

このようなデザインは袖事態が小さく表現できますので 

高校生、中学生のドレスには可愛い印象になります。

また大人の場合は素材の工夫でエレガントにもなります。

ピアノ演奏中は安心して腕の動きも気にせず演奏をしたいものですね。

piano-2.jpg
写真はお買い上げいただいたお客様の演奏中の様子です。

動きが気にならず演奏に集中出来て大変嬉しい とコメントを頂きました。

素材は張の有るオーガンジーなので二重仕立てで
袖山にタックを入れて立ち上げるようにしています。



中学、高校生向き演奏用ドレスから スカート丈のお直しでイメージが随分かわります。

14/02/19 |カテゴリー:美露土のお客様

中学、高校生向き演奏用ドレスとしてご提案していたブルーのドレス。

ブルー地とリボンがお気に召されてご購入いただきました。  元のドレスになります。

450-mizuirod.jpgスカート丈が短めがお好みの様で お直しでイメージが随分かわります。

doresumijika-450.jpg

 一番上の生地のみを ご希望のスカート丈の短さにしてみました。

イメージが随分違ってみえますが まだお直しの途中経過です。

この丈の長さにあわせて アンダーのサテン地、裏地を丈を短くして行きます。

ピアノ演奏に合うドレスで座った姿勢がふんわりスカートが広がる様にイメージして製作しましたが

お召しになる方のイメージが 新鮮に感じるようになっています。

途中ですが こんな可愛いドレスも又 良しかなと思って作業に入ります。

オーダードレスの特徴は サイズやデザイン変更のお直しがいつでも出来る事も一つの特徴になります。

13/03/25 |カテゴリー:ドレスのお直し ,美露土のお客様

オーダードレスの一つの特徴は いつでもサイズ対応、デザイン対応のお直しが出来たり リメークが出来たりする事が嬉しい特徴になります。

演奏用のドレスは軽く 動き安く 持ち運びに便利なコンパクトに仕上る様に製作しています。

 

演奏活動の多い方々は 着心地の良さから 何度も御召しいただいていて嬉しい限りです。

ただ 何度もお召し頂いき 何度もクリーニングされると どうしても 生地に張りが無くなり 

落ち感のある生地は どうしても長く垂れてきます。

オーダーいただいたドレスは ケアー部分も大事に扱って 微調整のお直しもさせて頂いています。

 

写真のドレスは アンダーにサテン生地を使用しています。

 

400-dc.jpg

ご使用後のクリーニングで サテン生地の張りが段々少なくなり生地がやせて、たるんで来ます。

やせた分はドレス丈が長くなり 裾を合わせをしなおします。

400-ps.jpg

             前裾で2c位伸びでいます。

400-pc.jpgアンダーの丈はのびると 横の張り感も少なく 上に乗せているオーガンジーとのバランスも悪くなり

自然にオーガンジーの浮き分が出るようになり この部分のお直しも一緒にします。

6~7年前にお作り頂いたドレスで 大事に良く御召しいただいています。

一着 一着大事にお召し頂いている様子は 作りとして 大変嬉しいものです。

その都度の微調整は大事で ケアーをさせていただいています。

大人色のピンク系なので まだまだ 御召しい頂けます。

またケアーをさせていただきます。

 

 ▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

オフ白のドレス お客様のお召しになった写真が送られてきました

13/03/20 |カテゴリー:美露土のお客様

急ぎで製作したドレス お召しになった様子の写真が送られてきました。

公開OKで掲載いたします。

500-eriko.jpg

日頃からこのような可愛いタイプのものがお好きとあって アレンジもお上手です。

急ぎの為 少しのお直しもありますが 当日のパーティーでは なかなかの好評のようでした。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。