演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ドレスのお直し

きつくなったドレスの、速くて簡単なお直しの方法です

17/11/20 |カテゴリー:ドレスのお直し
ドレスは体にピッタリ添った状態が一番綺麗に見え また 着心地に安心感があれば不安なく良い演奏が望めますね。 我慢してきついドレスを着ての演奏は音にも違和感が出ませんか?
簡単で早いお直しの方法があります。



時間があればもっと綺麗になるお直しの方法がありますが 目の前にせまった演奏会サイズ合わせだけのお直しになります。

スリップドレスは身巾出しを調整して 肩のヒモ位置も確認しなければなりません。
身巾が出る事によってヒモがゆるくなり、ヒモ短くしたり付ける位置を調整する必要があります。

ボディーに合わせ調整しますが 着る人により体系、動きが異なりますので試着をしてその人に一番合う位置でヒモを止め付けます。

※ドレスの脇の縫い代が十分あれば簡単にサイズ出しが出来ますが 縫い代がない場合は生地を接ぐ事になり(生地をどこかから持ってくる) 工程が増えお時間も少しかかります。

ドレスのお直しは色々な方法がありますので 
きつかったり、ゆるかったりのドレスをそのままお召しにならないで 綺麗にサイズに合ったドレスで演奏される事をお薦めいたします。

お直しなありましたらど お気軽に問合わせくださいませ。


大好きな演奏用のドレス お直しをしてまた演奏会に出演したいですよね。

17/11/17 |カテゴリー:ドレスのお直し
演奏会が決まり 演奏用のドレスをようやく見つけた大好きなドレス 時間が経ってサイズが合わなくなったとあきらめないで! ちょっとお直しをするだけだ、また着て演奏することが出来ますよ。
  
一番簡単で お安いお直しの方法をお知らせします。


先ず、ドレスを着てどれ位サイズが不足しているかを確かめます。 
「なんとなく3cmかしら4cm位かもしれない」 は正確ではありません。

動画で説明しているような方法で 不足分をお出しください。(どなたかにお願いしてくださいね)

ドレスは身頃がフットしているとご自分のドレスになり、一番綺麗にみえます。

身頃のサイズ出しだけで着心地が良く、演奏に支障が出なければそれで十分です。

今回は不足分を 脇の縫目で出す事にした一番簡単で お安いお直しの方法をお知らせしました。

遠方の方もこのような方法でお直しをされれば来店されなくても お直しは可能です。

演奏される方は忙しくお時間がありません。 近隣の方々にもこのような簡単なお直し方法をお知らせして お直しのお仕事をしています。

体系やデザインが難しい場合は お時間を頂き仮縫いを数回入れて仕上げる様にしています。

ドレスは高価なものです。 大好きなドレスを何度も着て演奏会に出演してくださいね。

そんなお直しをご協力させていただきます。


*脇、縫目などからの サイズ出しは¥7.000~¥8.000位になります。
  (縫い代の有り、無しなどもあり) ドレスの様子をお伺いします。




ドレスのお直し サイズ対応にするキャミソールの場合

17/10/05 |カテゴリー:ドレスのお直し
お直しでサイズの幅が大きい場合は 別生地を利用します。

ドレスのサイズ調整で難しいのは身頃部分になります。

ロングのワンピースドレスや上下別仕立てのツーピースタイプのドレスでも
身頃部分のフィット感が一番大事になります。

脇の縫目で調節が出来ない場合 このように後ろに別生地を当てサイズの調整をします。

この方法が本来のデザインを壊さずにサイズを合わせる事ができます。

お直しでのご相談などありましたら お気軽にお問合わせ下さいませ。http://birood.sakura.ne.jp/orderform/

ドレスのお直し キャミソールの場合

17/09/25 |カテゴリー:ドレスのお直し
ドレスは胸周りが一番大事です 綺麗にお直しして またお召しください。

キャミソールのお直しの場合 キャミソールだけにかかわらず サイズが合わなくなった場合のお直しの方法 と各部分のサイズの出し方の説明になります。

ドレスは頻繁にお召しになるものではないので 少しの直しで またお召しになれれば 大変うれしいものですよね。

本来のデザインを壊さないでお直しをする事が 直しのポイントになります。

お直しなど ご質問があれば お気軽にお問合せ下さい。

既製品のドレスのお直し ストレッチ素材の場合

17/09/21 |カテゴリー:ドレスのお直し
既製品のドレス ニットやストレッチ素材の場合の説明です。  
お直しのポイントは デザインを崩さずに縫目に生地の浮分を入れ込みます。 
伸びる生地の場合は その着る人のサイズよりきつく縫い込み事がポイントになります。
 本来のデザインを壊さずにお直しする必要があります。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。