演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ジュニアドレス製品(中学生向)

薄地ドレスの裾の始末の場合

18/09/06 |カテゴリー:ジュニアドレス製品(中学生向)
ドレスはオーガンジー、ジョーゼット、サテン地など薄地の生地が多く利用されています。
薄地の生地はドレスの華やかで軽やかな雰囲気に良く合うからなのでしょう。

細くすっきりとドレスの裾端の始末 三巻仕上げ を説明しています。


透け感のある生地の裾部分の始末は ヘム始末(一般のスカートの裾始末)では生地が3重に重なり裾が重く濃く見え綺麗ではありません。

0.3~0.5ミリの仕上がりの 三巻かメローロックなどの仕上げをします。

この仕上げの細さはドレス全体の調和を保ち 既成品、オーダー品共に多く使用されています。

薄地生地のドレスはミデー丈もロング丈も 風に舞う様な印象がとても綺麗なのでこの様な裾始末を行っています。

ご自分で挑戦される場合は ミシンのアタッチメント(三巻)をご利用下さい。

中学生向き発表会ドレス チェック柄が好評です

18/08/04 |カテゴリー:ジュニアドレス製品(中学生向)
中学生向き発表会ドレス チェック柄が嬉しいです。



中学生、高校生 の演奏会、コンクールをめざすお嬢様方にとっては 小学生の時に着用していた華やかな色合いのドレスはチョット避けたい時期にはいりますね。

チェック柄 特にモノトーンの色ががとても人気があります。
シンプルなAラインのドレスですが 学生さんらしい 
清潔感のある印象でいつの時期にも人気の色柄です。

ドレスは既製品として完売しましたが 似た生地の入荷次第でまた 既製品として販売いたします。

コンクールを目指す ジュニア(中学、高校生)の演奏用ドレスのポイント

17/09/29 |カテゴリー:ジュニアドレス製品(中学生向) ,高校生向きドレス


既製品ではジュニア(中学、高校生)向きのドレスはなかなか見つけにくいものですが 

動画で説明している ポイントを注意されて探されると 意外と存在しています。

ドレス丈などは 足首丈が理想ですので後で丈のお直しをされれば良いでしょう。

既製品では20代の大人の、ドレスが支流ですが 
少しのお直しがあれば十分着こなしが出来ると思います。

何かご質問があれば お気軽にお問合せ下さい。

ジュニア中学・高校生向きドレス 人気のチック柄ドレスです

16/02/11 |カテゴリー:ジュニアドレス製品(中学生向) ,美露土既製品


左面にのみ ワンポイント切り替えの入ったドレスです。

ジュニアドレスに多い、ギャザー入りドレスにアクセントを付けました。

サンプル用として制作したものです。

お安くご提供しました サンプル用のドレスは完売いたしました。

※サイズ対応 デザイン変化の オーダー制作ドレスはお受けてしております。

中学、高校生向きの軽い演奏用ドレス 裏地がポイントです。

15/08/18 |カテゴリー:ジュニアドレス製品(中学生向)
中学、高校生向きの演奏用ドレス 軽いドレスに仕上げます。

中学や高校生の方々の発表会や演奏会用のドレスは シックなモノトーンの色合いが人気です。

昨今は 軽いドレスのご希望が多く 裏地を工夫しました。

オーガンジー生地は 透明性とふんわり感が特徴で 発表会のドレスなどにはいつも人気で使用されています。

その透け感を押さえるために 同色のサテン生地などを重ねて作りますが 

今回は オーガンジー(表)と裏(裏地)の二枚仕立てで 軽いのドレスを作ります。

450-mikaeuraji.jpg
裏地に 襟、袖部分の見返しを重ね 表になるドレスと同じ裁断、縫い合わせをします。

ここで違うのは 縫目の縫い代が表に出て 見返しが付いていることです。

この写真は着た時に肌側になるところです。

450-uraji-1.jpg
裏地を裏返しにした状態です  縫目の縫い代が見えません 表面のようになっています。

450-tixextuku.jpg
写真2 の上に表のオーガンジーを載せた状態です 

見返しの接ぎ目や 縫目の接ぎ目が表に出ていないので 

透け素材の場合は このような工夫をすると軽く 着心地の良いドレスになります。

サテン地を合わせていないので オーガンジーと裏地での軽いドレスに仕上がります。

※裏地は透明度のない素材をお使いください。

軽いドレスは演奏に集中出来る 大事なポイントでもありますね。


ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。