演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

美露土の仕事

新しいパターン作りはボディーに着合わせしながら製作しています。

12/03/10 |カテゴリー:美露土の仕事

新らしく起こしたデザインのパターン作りは ボディーに着合わせながら作ります。

立体裁断からのパターン作りが 最良なのですが 生地にくせがあったり 薄く垂れるような生地は

パターン作りから先に始めます。

平面のパターンを ボディーに合わせ バランスを見ながら パターン修正をします。

2012_0309kiji30016.JPG

 ゆるみ分と全体のバランスを見ながら 使用する生地との流れなどを確認しながら

パターンを作って行きます。

2012_0309kiji30017.JPG

パターンが出来たら 裁断に入ります。

裁断前には生地の方向性(一方か差込可かを確認します)

要尺を詰めることも大事でパーツ を寄りよい位置に配置する事も大事な要素です。

 

新しい生地や新しいデザインは 製作中に色々変化をします。

生地が柔らかくドレープ性のあるものは シルエットがやせ下に流れようとします。

このような点は縫製途中で 修正を掛けながらし仕上げて行きます

スタートのサンプル作りは製品になるための 途中経過の物作りで 素材によっては何度も パターン修正を繰り返しながら製作しています。 製品になるまでのパターン作りだけで 時には20m位生地を使用する場合もあります。

各メーカーのオリジナル製品は 時間と忍耐の戦いです。 

一生懸命作って コピーされると本当にがッくり来ますが 

まねの出来ない細工は必要で何処かに取り入れています。 

これがオリジナル性のパターン作りの醍醐味です。

 

本日は ネットショップセミナー すごい売り上げの体験談!

11/11/22 |カテゴリー:美露土の仕事
本日は 石川のイシコー主催のネットショップセミナー 
「かばんのクールキャット」の松田卓也氏の講演でした。

体験談なので 聞きやすく感心も高く 皆さん 真剣に聞いていました。

2011_1122isiko0023.JPG
多くの得る物の中で 細部にいたるまでの 丁寧な説明が必要と お客様の立場からの視点が大事 
であると 反省、反省の本日のセミナーでした。


ドレスショップは 説明以上に 写真が多く必要であると 実感しました。
細部の写真を掲載するようにがんばります。

 

ネットショップ写真撮影のセミナーでした

11/08/17 |カテゴリー:美露土の仕事
 石川のお店ばたけのネットショップ写真撮影のセミナーが行なわれました。
年々 レベルアップで プロっぽい撮影に近づいています。
ドレス美露土も 黒ドレスの撮影ポイントを伝授頂きました。

2011_0817honnjitu0025.JPG
素材のディテールを研究するようにとのアドバイスで アップ写真がポイントとのことです。

2011_0817honnjitu0028.JPG
光線の当て方は 後ろからがポイントのようです。

新作のパターン作りは トワールから作ります

11/01/20 |カテゴリー:美露土の仕事
製品作りのスタートは トワール(別生地)の立体裁断からパターンを起こし 修正をしながらパターンを作って行きます。   製品アップの6割を費やします。

2011_0120towa-ru0029.JPG
スタートはいつも 半身でボディーにあわせ 切り替え線 ゆるみ 前後のバランス 袖位置を確認
この生地が どれを使うか をイメージしながら のもの作りです。
ボレロジャケットを作ります。

2011_0120towa-ru0034.JPG
ワンピースドレス これも半身の状態から 全体のバランス 切り替え線 ゆるみなどの確認をします
これらの修正を パターンに写し取り パターン制作に入ります。
写真は演奏ドレスにもなるミモレ丈のワンピースドレスです。
ほぼこのパターン活ける場合は 実物生地の仮縫いに入ります。
生地が違うとパターンにもズレが生じ  生地に合ったパターンを作り直します。


 ▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!
人気ブログランキング音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

暮のコンサート向け ドレス作りも始まります

10/11/10 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き) ,美露土のお客様 ,美露土の仕事
寒さが感じられる頃から 暮れのコンサート用ドレスの注文が動き出します。
今年は黒のドレスが人気の中 グリーンのドレスもちらほら人気があります。
ドレス作りは 修正を終えた身頃パーツの 荒裁ちから始めます。

美露土のドレス作りは 繊細な生地使用が多く 身頃は表、裏両仕立てで 見返し始末はしない方が多いです。  見返し切り替え線が表に響き 綺麗なドレスにならない為です。
2010_1109guri-nn0014.JPG
  写真は 身頃両面表地使用の荒裁ちの様子です。



▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!
人気ブログランキング音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。