演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

演奏用ドレス(高校生向き)

ミモレ丈の黒xベージのドレス 高校生、野外コンサート向きのドレス

16/04/05 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き)
ミモレ丈の黒xベージのドレス 爽やかで動きやすいドレスは
高校生の方や大学生の方々の演奏用ドレス 又は野外コンサートなどにお召しになってはいかがでしょうか? 移動にも楽で 軽いドレスになっています。


黒とベージュのおしゃれなコンビのドレスを作りました。

身頃の表地の黒は縮加工の生地でどんなサイズにも合いますが、ドレスの場合はサイズが一定にならないと 着心地が落ち着きませんので 裏地がサイズに合わせた作り方をしています。

土台となる裏地に表の生地が乗っているような作り方をしています。

身頃続きのペプラムは 繊維の糸を変えているので縮んでいません 自然のペプラムになっています。

動きのあるスカートは オーガンジーを2色、別色を重ねていますので 動いた時などは色に変化が出て おしゃれな印象をあたえます。

ドレスの現品販売をしています。

http://www.azamiya.com/item/kbdh-1/  こちらからお入り下さい


駅コンや野外コンサート向きドレス フレアーオーバースカートが華やかです

16/03/21 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き)
野外コンサートに向く、軽い感じのフレアースカートの付いた ドレスは如何ですか!
ミニ丈のスリップドレスに ショールのようなオーバースカートをつけています。




季節の良い時の野外コンサートなどでに向く爽やかで軽い感じのドレスです。

野外での演奏用ドレスは 室内のステージと違い 爽やかで 軽くうごきの良いドレスが向いています。
立姿のヴィオリン演奏やフルート演奏などの演奏用ドレスとしてお召し頂くと 素敵な印象になりますね。

サンプル用として作りました。  現品をお安く販売しております。

http://www.azamiya.com/item/pfd-2/  ←  こちらからお入りください。

ピアノ演奏用袖ありドレス 動きやすい袖が必須ですね。

15/04/22 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き) ,美露土のお客様
ピアノ演奏時の袖の動きは 演奏に支障がない動きの良い袖が求められます。

一般に大人の演奏用ドレスはノースリーブが多く存在しますが 

高校生や中学生向きの演奏要ドレスや 大人でも腕を出したくない方には 

このようなキャップスリーブのドレスをお薦めいたします。

450-sode.jpg
袖下を開けたキャップスリーブです。 

演奏中の袖の突っ張り感は 見頃とつながっている袖下のゆとりの無さが不都合を起こします。

この部分にゆとりを入れ過ぎるとドレスとしてブカつき 綺麗なシルエットになりません。

演奏者にとってはちょっと困った事になりますので 袖下開ける工夫をしました。

動きやすさはノースリーブとかわりません 

このようなデザインは袖事態が小さく表現できますので 

高校生、中学生のドレスには可愛い印象になります。

また大人の場合は素材の工夫でエレガントにもなります。

ピアノ演奏中は安心して腕の動きも気にせず演奏をしたいものですね。

piano-2.jpg
写真はお買い上げいただいたお客様の演奏中の様子です。

動きが気にならず演奏に集中出来て大変嬉しい とコメントを頂きました。

素材は張の有るオーガンジーなので二重仕立てで
袖山にタックを入れて立ち上げるようにしています。



春の中学、高校生の演奏会は淡いピンクのドレスから いかがでしょうか!

14/02/25 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き)

春の中学、高校生の演奏会は淡いピンクのドレスから いかがでしょうか!

幼い時からピアノやヴィオリンの練習に励んおられる ジュニアの皆様方は 中学生や高校生になった頃 急にシックな色合いのドレスを御召になる方が多く見受けられます。

一つは 長い間 特に幼い時期の発表会では 淡く、ピンクなどのきれいな色合いのドレスを多く着こなされていて もう大人なんだから と ちょっと背伸びをしたい時期なのでしょうね。

シックなドレスもなかなか清楚でジュニアらしく素敵です が 季節に合う色 特に春先はこんなピンク色も またジュニアの方々にお似合いになりますね。

2008_0508pinnku10004.JPG

淡いピンク地の上ゴールドオレンジのオーガンジーを重ねています。

 

370-p3.jpg

 ウエストの切り替え巾を大きくして後ろへ流す切り替えにしています。 

身長は高く見えます。

アンダーのピンクジョーゼットと 上のオーガンジーの裾止めはしてなく 風に自然になびくようにしています。

スカート丈がロングではないので ピアノ演奏時の座った姿が爽やかな印象を与えます。

 

※ オーダーでのドレス製作になります。

フルリいっぱいのドレスの仕上げは丁寧に細かなアイロンを当てます

13/05/11 |カテゴリー:演奏用ドレス(高校生向き)

ドレスのフリルは装飾品の中で一番の人気です。

バイヤス地で作ったフリルは生地の特質できれいにおさまりますが フラット上の部分は 仕上げのアイロンかけが必要になります。

450-nb.jpg

ドレスを床いっぱいに広げながらアイロンかけをしてます。

アイロンかけは 生地の地の目に添ってかけます。

ドレス素材は オーガンジーやサテンの薄地が多く 強く輪を描くようなアイロンかけは禁物です。

 

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。