演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ジュニアドレス N様

赤のジュニアドレス仕上がりました

07/10/06 |カテゴリー:ジュニアドレス N様

2007_1006jyunia30007.jpg取り外し可能な 飾りリボンを作り 本日完成です。
遠く九州から ご注文を頂いた演奏用のドレス(中2のお嬢様)出来上がり 本日お送りします。

電話とメールだけでのドレス制作です。  不安?   だいじょうぶです。  
北海道、東京、九州 のお客様などとは 何件も制作させていただいています。

演奏用ドレスは 軽さと 機能性を 第一にドレスに盛り込んでいますので 美露土では遠方の方でも
制作可能です。

ウエーデイングドレスで特にこだわる方には 奥の引き出しを用意しています。

さて、可愛いお嬢さんなのです。 ヴィオリンを演奏中の写真が届くと嬉しいです。


音楽ブログランキング←クリックお願いします!

ご自宅仮縫い後のドレス

07/09/28 |カテゴリー:ジュニアドレス N様

2007_0928jyunia20018.jpg遠方のお客様なので ご自宅での仮縫いをお願いしました。

直接 仮縫いを見て差し上げられない お客様には メールと電話のやりとりで 仮縫いの仕方をお知らせし ご自宅での仮縫いをお願いしております。

ご注文を頂き お送り頂いた寸法では ご本人の体型がわかりにくく 本仮縫い状態で試着をして頂いております。
(仕上がりのシルェットになっていますが 微妙な所は本縫いにせず 調節は可能の状態です)
着合わせが 難しい場合は 2回以上本仮縫いの状態でお送りして  微調整をしながら ご理解、ご満足いただくまで 本縫いに入りません。

今回 このお嬢様のドレスは 2回の仮縫い(衿ぐり、ウエスト接ぎは仕上がっています)で はぼ仕上がると着やすくなり 脇の所だけにゆるみが出て この分を縫い込むと 仕上がりになります。

ヴィオリン奏者なので 機能的になっているかを 確認しつつ 仕事をすすめています。

ご迷惑なほど 電話、メールを入れています。 

本仮縫いが 面倒と思われなければ どのようなドレスも対応出来ます。

先日は 中国在住の方から ご注文をいただきました。


音楽ブログランキング←クリックお願いします!

演奏用ジュニアドレス本仮縫い 送り

07/09/22 |カテゴリー:ジュニアドレス N様

2007_0922nisida0003.JPG本日 本仮縫い2度目の送りになります。                遠距離からの ご注文は 寸法だけでは 制作に入るのに 難しい場合があり 今回のように 2度の
本仮縫い状態送りになります。

生地の重なり、デザイン など色々のものが 関係し ご指定のサイズと違った状態になります。

お客様に しっくり合うまで 仮縫いの状態で合わせていただいてから 本仕上げにはいります。

箱にドレス、仮縫い道具一式を入れ お送りし ドレスの様子を ご確認して頂く様にしています。


音楽ブログランキング←クリックお願いします!

演奏用ドレス(ジュニア)本仮縫い準備

07/09/10 |カテゴリー:ジュニアドレス N様

2007_0910syo-0025.JPGご注文のジュニアドレス(演奏用)本仮縫いの準備が出来ました。
身頃がまだ 決定ではないのでしつけの状態になっています。
スカート部分 オーガンジーの有、無で ジュニアらしい 程よいボリゥームがでています。

ご自宅で仮縫いが出来るよう 仮縫いのポイント、要領、仮縫い道具一式を入れ 本日 お客様のご自宅に向け(九州) お荷物を 発送いたしました。

メール、電話などで ご本人、ご家族様と連絡をして 制作を続けています。

音楽ブログランキング←クリックお願いします!

裁断の下準備

07/09/04 |カテゴリー:ジュニアドレス N様

2007_0904jdoresuno10006.jpgドレスは どんなに凝ったデザインでも 身頃が着る人にピッタリ添った仕立て でなけらば
とても 見苦しいドレスになってしまいます。
美露土のドレスは 身頃にドレス作りの7割を費やしています。 表生地の風合い、また、演奏者の動きを考慮して 接着心を選んでいます。
写真は 生地の風合いと型くずれを保つ為に 身頃に全面芯を貼っています。
演奏中は大変な汗をかき 裏地にはいつも 吸湿発汗性の素材を使用しています。

不快感がない と 演奏者の方々には評判が良いです。
このドレスにも もちろん使用します。

素材により 表生地を 表と裏に使用する場合もあります。

音楽ブログランキング←クリックお願いします!

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。