演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ジュニア用演奏ドレス

ドレスの丈の決め方は、ドレス全体が仕上がってから丈を決めます。

16/03/18 |カテゴリー:ジュニア用演奏ドレス ,ドレス作りへの熱意
ドレスの丈の決め方は、ドレス全体が仕上がってから丈を決めます。

ドレスの裾丈は ドレスが仕上がってから決めます。 

パターン上では 目安の荒断ちをしますが 正確なドレス丈になっていません。
それは ウエストのギャザーが入る分量が色々だったり 生地の枚数の重なりや
生地の流れがバイヤス地とタテ地の所が出でいるからです。

先ず、ウエウストが定まって生地の伸び分を、落ち着かせます。

生地の伸びが収まったところで 希望するドレス丈を決めます。

スカート部分の生地の重なりが何枚もある場合は 一番上の生地を基準として
下の生地を少し控えてドレス丈を決めます。

ジュニアドレスの場合は ロング丈にしませんので ドレス丈がその着る人にどれ位が良いかを見つけてドレスの丈を決めます。

オーガンジーやジョーゼットの場合は 裾の始末は三巻ミシンで仕上げます。

中学生、高校生向き演奏用ドレス ドレス丈はミディー丈が似合います。

16/03/01 |カテゴリー:ジュニア用演奏ドレス
中学生、高校生向き演奏用ドレス ドレス丈はミディー丈が似合います。

ドレスの丈の決め方は ドレスの全体が仕上がってから丈を決めます。

オーダードレスの場合は特に、その着る人の似合うドレス丈がありますので その人に合わせて
ドレス丈を決めます。




ドレス(スカート丈)は一番上の生地からドレスの丈を決め それに合わせて 
内側、内側 へと控えめの丈にして 全体のスカート丈を調整します。

ドレスは何枚も生地を重ねていますので 一番上が一番長く 
下の生地がのぞかないようにするのが大事な仕上がりです。

中学生向き演奏用ドレス チェック柄

15/08/25 |カテゴリー:ジュニア用演奏ドレス
中学生向き演奏用ドレス チェック柄がお薦めです。

ジュニアドレス 中学生の演奏されている方々のドレスは中々探しにくいものですよね。

中学、高校生に人気のチェック柄のドレスのご紹介です。

チェック柄をバイヤスにすると 見た目にもより上品さが増します。

ジュニアのコンクールでは 選曲とドレスの調和が良いか なども 評価されます。

大人のドレスは まだ難しい年代なので
 
中学生のお嬢様方にはその年代のドレスを着て頂きたいと思っています。
 

DSC01026.JPG
身頃をチェック柄のバイヤス使いにして スカートは薄色紺のオーガンジー2枚重ねの
コンビのドレスを作ってみました。

小学生よりかなり大人になりますので リボンや飾りはなくしました。

チェックの色柄が華やかさを出しています。

スカート部分は十分なフレアーになっていますので ピアノ演奏などの時はゆったり広がります。

中学生のドレスは ロングより足首丈が 新鮮ですね。

220-mae.jpg
220-usiro.jpg
























身頃の 前、後ろの様子です。 後ろウエストはポイントを下げ大人っぽくしました。

DSC01036.JPG
スカート部分はオーガンジーを二枚重ね 裏地を付けています。

DSC01035.JPG
裏地は 身頃部分は吸湿速乾性裏地で 演奏中の汗が気になりません 
さらりとした肌触りの裏地です。 

演奏を目的としたドレスの裏地は ベタ付がなく ヒンヤリ体を冷やさない素材がお薦めです。

スカートの裏地は滑りの良いキュプラ素材がよいですね。


今回は 生地在庫がなく 現品ドレスを特価にてご提供しています。 9号現品のみ

こちらのページにて商品を販売しております ご覧くださいませ。



ジュニアドレス(中学、高校生)向きに提案しているシンプルな演奏用のドレスです

13/12/23 |カテゴリー:ジュニア用演奏ドレス

演奏用ジュニアドレス(中学、高校生)向きに

華美にならずシンプルで上品さを持つドレスを提案しています。

「シンプルなドレスとは」

シンプルであることは簡単、単純に見えることではなく 着る人の内面とそれを被う外面(ドレス)が一体となってその人が より良くなる事ではないかと思っています。

 

jyuniab-450.jpgこのドレスは数年前にジュニアの演奏用ドレスとして製作したものですが  今だに時々注文が入ります。  

スカート部分は色の違うオーガンジーを重ねています。 

動きに合わせて色が微妙に変わる様子に面白さを出しています。

スカートの裏地とアンダー一枚のみを糸ループで留めていますが 上に重なるオーガンジーはより自然な動きが出るようにループ留めはしていません。 

スカートはアンクル丈になっているので生地の動きは大きくなります。

自然に動くオーガンジーは 生地の重なり具合で不思議に微妙な色を出してくれます。 

ビーズやストーン以上の生地自身の輝きがあります。

動きのあるスカートに対して 身ごろは少ない面積で動きを押さえるように 黒の薄手ベルベットを使用しています。

装飾品はなく 着用する人の動き(演奏)と生地の動きだけが装飾のようなドレスにしました。

 

ジュニア(中学、高校生)向きに提案しましたが 

このまま大人サイズに展開しても良く 何度も製作をしました。

特に演奏用ドレスであれば演奏が一番となる。   そのためにも シンプルで奏者に寄り添うドレスが二番目に添えたいものだと 提案しています。

 

 

 

 

 

ヴィオリン用 ジュニアコンクール向きドレス(ご注文)出来上がりました

07/08/04 |カテゴリー:ジュニア用演奏ドレス

2007_0802jyunia0018.jpg
ヴイオリンのコンクールに挑戦される Jちゃん
今年はグリーンが ラッキーカラーとのことで この様なダークグリーンのドレスのご注文を頂きました。

少し厚地のぼかしのサテン生地に ダークグリーンのシャンブレーオーガンジを 一パーツずつ 飛ばし接ぎをながら 重ね 少しボリームが出るようにデザインを起こしました。

あくまでも 演奏用ドレスなので 軽さ、機能性を十分入れながら演奏に支障のないよう仕上げています。


ジュニアドレス 中学生なので まだ、可愛らしさのあるドレス作りに注意をしました。


ご本人、お母様も 色合い、全体の仕上がりに 大変ご満足をしていただきました。
今月のコンクール 良い成果が出ますように・・・・・ドレスに願いをこめています。


音楽ブログランキング←クリックお願いします!

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。