ジュニアドレス製品(中学生向)の最近のブログ記事

ジュニア(中学生向き)ドレスは 淡い色のドレスが人気です

ジュニア演奏用ドレス(中学生向き)は清楚さが 第一番で淡い色合いが人気です。

ドレス丈もくるぶしまでの丈が中学生らしく キャップスリーブとウエスト部分を別素材使用が新鮮になっています。

袖下はキャップスリーブで開いていますので ピアノ演奏の動きに対応できるようになっています。

ちょっぴり光沢のあるサテン生地が ステージ上で綺麗に映えます。

黄色のサテンリボンがポイントになっています。

jyuniakiiro.jpg

中学生、高校生の演奏会にお召しのドレス 無地よりもチェック柄が人気です。

お譲様とお母様とのお悩みの多いやり取りの中で(お父様は傍観者)

落ち着く先は やはりチェック柄ですね。

子供の可愛いタイプのドレスから 成長期のちょっぴり大人の雰囲気がお召しになりたくなります。

派手にならず 地味にならないこのようなドレスを製作してみました。

DSCF0587.jpg

 チェック柄だけではデザインがボケるので 黒リボン、フリルのポイントを作ってみました。

Aラインのワンピースタイプのドレスです。  ドレス丈が125c とふくらはぎ丈になっています。

9サイズです。

DSCF0594.jpg

生地の重なりはアンダーにシルバーサテンを合わせグレー系がきれいに出るように色合わせしました。

衿ぐりは少し深く開け ドレスの雰囲気を出しています。

中学、高校生の初夏の発表会に最適です。

展示会サンプル品と作りましたので 現品一点のみ をお安くご提供しています。

 お求め、ご質問はこちらからお気軽にどうぞ!

黒っぽくあっても黒ではない色合いのドレスは出来ませんか? と のお問合せからこのような 

おしゃれな雰囲気のシックなダークブルーのドレスが仕上がりました。

中学生では なかなかドレスを着ることが着恥ずかしくて  着用してみたい気分も 周りの雰囲気に押されて遠慮がちになってしまいがちですが  ポイントを絞りこんだり  色調節を考え合わせると 派手にならずかつ 上品な雰囲気のドレスを作る事が出来ます。 

周りに遠慮して シンプルにしてしまうと 演奏への意欲も低下します。

小さな発表会も 大きなコンクールも挑戦する意欲は一緒です。

当日着用するドレスも 気持ちが高揚するような物が一番と考えます。

華やかさや 鮮やかではない シックなドレスも年齢層に合って上品です。

450-bj1.jpg

ダークブルーのオーガンジーにアンダーには黒地を重ねています。

少し明るみが必要な場合はアンダーに紺色、ブルー色を重ねると 色がはっきりしてきます。

色はお好みで調整する事が オーダーの醍醐味でもあります。

450-2bj.jpg

ポイントを袖と裾部分にのみ 表現しています。

さりげない絞りの装飾は フラット生地より表情があり 演奏シーンの動きに合わせたリズムとなってり よりよい演奏会になる事でしょう。

ジュニア(中学生)向きのドレスは ごてごてしたドレスはあまりお薦めいたしません。

清楚感が大事ですね。

 

 ▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

ドレスの最後の仕上げは ドレスの裾丈になります それは着用する人の好みを十分にお聞きしています。

特にジュニアドレスは ロング丈にしませんので 着用する方の好みや演奏中の雰囲気やまた、演奏楽器によってもドレス丈は違って来ます。

ハープやピアノはペタルを使用しますので 座っての状態など細かくお聞きしています。

一点一点の作り込みが違う仕立て方法が オーダーする醍醐味にもなります。

450-sa.jpg

ロング丈でないドレスの裾は 均等が床上がりが必要です。 先ず表地から裾位置を決めます。

DSCF0084.jpg

表地 中生地の裾丈が決まったら 裏地の裾丈を決めます。 裏地の場合はドレスを裏返しにして 

表生地より2~3c控えてのスカート丈にします。

DSCF0083.jpg

均等にピンを打って位置確認をして仕上げます。

 

▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

オーダーからのドレス製作には そのドレスを着る人に合わせて製作する為 色々の工程があります。 

トワールと言う 最初の仮縫いは デザイン、サイズ、シルエットを着る人に合っているかを確認します。

ドレスは体にフィットしている為 衿ぐりから バストに向う辺りが一番目に付き 最重要な点です。

この点をクリアーして ドレスは本仮縫いの準備に入ります。

本仮縫いは 実物生地を使用し得t ほぼ仕上がりの雰囲気での仮縫いになります。

450-bbo.jpg

この状態で仮縫いをします。サイズやシルエット変化に影響しないところは仕上げています。

身幅 袖ぐり 衿ぐり スカート丈は 演奏中の機能性を確認してからの仕上げになります。

演奏用のドレスなので 演奏をする機能性を十分ふまえなけらばなりません。

本仮縫いは 演奏を十分して頂き(ご自宅での仮縫いになります) 

演奏に支障が無い状態を確かめてからの仕上になります。

 

450-1bb.jpgドレスは身頃が最重要点になりますので このような状態で本仮縫いをします。

 

 ▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

トワールと呼ぶ仮縫いの方法とは 仕上がり生地とは別の生地でデザイン、サイズ、シルエットを確認する為の仮縫いを言います。

ドレス全体のトワールもありますが 

ここでご紹介するドレスの場合は身頃だけのトワールになります。

スカートや袖にオーガンジーの絞り加工がある場合などは  ふくらみや広がりの雰囲気を出す為に 部分 部分に仕上がり生地を使用しての仮縫いをする時もあります。

中学生向きのドレスは着用する方々が 成長期の真っ只中で 身頃が 7号や9号のサイズ通りには なかなか 収まりきらない事が多くあります。

特に演奏用のドレスになると ピアノやヴィオリン ハープなど 演奏の動きが異なり 機能性やゆとりも違ってきます。 

ドレスは装飾やボリューム又は長さに目が行きますが 身頃のフイット感が一番大事になります。

それで このような身頃だけトワールの仮縫いをします。

 

450-maru.jpg

身頃の仮縫いは 身幅のフイット感から 衿ぐり、袖ぐりと確認しますが ドレスの場合一番の要は

衿ぐりと胸上がその人にフイットしているかが 一番大事になります。 

この部分がきつかったり ゆるかったり で その人にあっていない状態はご本人以上に 観客の皆様が気がつく所です。

演奏用ドレスは フイットしな事はそのまま演奏に現れますので 最大の注意をしなければなりません。

450-121.jpg

薄地や 加工の入ったものは トワール生地では確認出来ないので 実生地使用して仮縫いをします。

 

 ▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

一点物のドレスの雰囲気作りは 手作業を入れるとグット 良くなります。

製作では ちょっと手間ですが ミシンでは表現出来ない風合いが手作業にあります。

オーガンジーを 麻の葉のように絞ってみました。

DSCF0007 (2).jpg絞り位置を描き オーガンジーをのせます。

DSCF0009.jpg決まった位置に針を刺し 絞ります。

DSCF0019.jpgバイヤス地に絞るので 升目が均等にならず ドレスの立体の風合いをより良く出します。

手作業は下準備の段階で入れます。 

ここまでの状態から パターンに合わせ 裁断に入ります。

 

▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!

人気ブログランキング 音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ

モデルの写真集が届きました

| コメント(0) | トラックバック(0)
金沢のアドバンス社から 本年度のモデルの写真朱が届きました。
今年はキッズモデルの多いのに驚き また 皆良い表情をしています。特技はダンス が圧倒的
これも 今に有っているのですね。

2012_0109moderu0017.JPG
何かと お世話になっている モデルの会社です。
中学生くらいの ジュニアの演奏用ドレスのモデルをいつも探していますが なかなか難しい。
どのようなお嬢さんでも 音楽を学んでいる人は 演奏用のドレスが不思議と似合っていますね。
この ジュニアの演奏用ドレスだけは モデルクラブで似合う人を探すのが難しいのです。


▼ブログランキング参加しています。クリックお願いします!
人気ブログランキング音楽ブログランキング 人気ブログランキングへ
ジュニア演奏用ドレス(小学高学年、中学、高校生)向きのお譲様方のドレスは 本当に見つけにくいものですね。
顔立ちや体型がまだまだ成長期であり 初々しさとフレッシュさの時期に合うドレスは市場には本当に少なく その頃のお嬢様をお持ちのご父兄のご苦労がよくわかります。 

市場はターゲットの多い年代層を中心にドレス作りをしているので ジュニア層のドレス作りはほぼ無いに等しいと思います。   

将来 音楽大学、音楽家を目指す方々には 大きなコンコールや発表会、演奏会は必ず挑戦しなけらばならない必須過程で その都度お譲様方のお召しになるドレス探しには さぞ ご苦労されていると思います。

先日もジュニアの方々の発表会を見てきました。 一直に音大を目指すお譲様方々でレベルの高いコンサートでした。
そこで 気付いたことは やはりドレス探しに随分ご苦労されているんだなあと思いました。

ある方は ブライダルカラードレス(お嫁さんのドレス)を そのお嬢さんの身長、体型にお直しをしてお召しのようでした。   ピアノ演奏では座った状態になるので ドレスの飾り部分が浮き ピアノの鍵盤をじゃましていたようで なかなか演奏が始まりません 10秒~20秒間の沈黙ですが この沈黙間が本人を焦りさせ 演奏に支障をきたす事もあります。 コンクール時は要注意です。

ブライダル用のドレスは立ち姿がきれいになるように製作していますので スカート部分にたっぷりのボリュームを入れたドレスは 身頃をストラップレス(肩部分なし)かスリップ紐のようにしないとバランスがとれません。  年齢的にも20代~30代に合わせたデザインになっています。

ドレス選びで色や雰囲気が好きと飛びついても 演奏する為のドレスは もう一つ演奏がしやすいことを十分理解しなけらばなりません。

ブライダル用のドレスが総て演奏に向かない訳ではありませんが ピアノの場合は座って演奏をします 座った状態でのドレスの雰囲気 と そのお嬢様の演奏姿勢にそのドレスが合っているかを ご確認して頂きたいと お母様方に切にお願い申し上げます。

 続きをご参考にどうぞ!

そろそろ ピアノ、ヴィオリン フルートなど 発表会、演奏会、コンクールと挑戦する季節の到来です。
予選から本選へと目指す目的に向かって努力されている事と思います。

コンクールでは技量と共に表現力のセンスを見る手段に ドレスはどうか?
 と 問われる場面も出てきました。 選曲とドレスのイメージの良し悪しが評価させるようになって来ています。
サァ! ドレス選びにはご注意下さい。

ドレス美露土は このシーズンに合う中学、高校生のお嬢様方に合う 爽やかな印象の
ブルーストライプのドレス 11号(ジュニアサイズ) 一点のみを ご提供します。

jyuniaburu.jpg
    写真のドレスは パニエ着用です。 前中心は切り替えナシ 前脇から一周で10本のプリーツ
    が入っています。 ギャザー入りを卒業の方には お薦め商品です。

jyuniabur2.jpg
  表地 ストライプオーガンジー 中生地 光沢ありサテン 裏地 の3枚重ねです。
  演奏ドレスは 軽くなければ ウソ! 
  を強く願ってのドレス作りをしています。 中学、高校生の皆様はコンクールでは 大変緊張され 
  汗もたっぷりかかれる事を想定して 裏地は身頃のみ吸湿速乾性素材を使用しています。
  スカートの裏地はすべりの良い キュプラ地使用です。

  サンプル製作品です。 現品のみ¥35.000 の商品です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちジュニアドレス製品(中学生向)カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはジュニアドレスのご注文です。

次のカテゴリはドレス装飾です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。