演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

演奏用大人ドレス

ロングドレスの裾は傷みやすいです

18/05/08 |カテゴリー:演奏用大人ドレス ,生地の紹介
ロングドレスは裾が床をすっていますのでデリケートな生地は生地が傷みます 
そのキズが本体にまで響く事がありますので 裏の裾始末は注意が必要です。 

本来 広がりのあるドレスの裾はドレスの動きが自然になる様に軽い上げにします。 
三つ巻やかがりロックの細い線状の仕上げ方をします。

生地の種類や デザインによっても裾の仕上げ方は違っています。

今回は 生地表面がでこぼこのある オーガンジーにモール糸を織り込んだ生地の裾始末の様子の説明になります。

ドレスの3枚接ぎや4枚接ぎのスカート部分の裾はカーブ線を描きヨコ地の目が通っていません。
そのカーブに添って裾上げをしますが 生地が斜め地になりほつれやすくなっています。

そこで 生地の傷みを押さえる為に 別生地(テープ状のオーガンジー生地)で裾の折り返り分を作ります。
透ける生地は出来るだけ折り返り分は細く仕上げます。

フラットなオーガンジーで裾の裏部分の折り返しをしますので裾が強化され 表生地のモール糸の引っ掛けも防ぐ事が出来ます。

生地の延長での折り返りでは折り返りが分厚くなり踏んだり 床を擦ったりした時に表生地の上部分までも生地の糸を引いてしまう場合があります。

生地がフラットでない場合は ロング丈でない時も別生地での裏始末がお薦めです。

透ける素材は出来るだけ細く仕上げる事がポイントになります。


ダンス用フレアースカート10枚の切り替えラインがポイントです。

18/03/15 |カテゴリー:演奏用大人ドレス
黒のダンス用フレアースカート10枚の切り替え線が綺麗なフレアーを出します。



ヒツプ辺りはフィットしてヒップ下に十分な円系フレアーを入れたスカートになります。
裾ラインは斜めラインで軽く三巻仕上げになっています。

フレアーが十分に広がる様に練習時のダンススカートにご利用頂けますが ショッピング、お出かけ時にもお召し頂けます。

黒のシルクと加工入りジョーゼットの2素材で作っています。

発表会向きドレス生地大柄プリントがステージに映えます

18/02/25 |カテゴリー:演奏用大人ドレス ,生地の紹介
発表会、演奏会向きドレス生地大柄プリントがステージに映えます。 


プリント柄の生地は中々市場に出なくなってしましました。
今回 紹介するプリント柄のジョーゼット生地は 無地のジョーゼット生地にドレス直分で
プリント柄を置いた素材になります。

花柄の大柄は発表会、演奏会などのステージに立った時に映える柄を置いてもらったものです。

生地はジョーゼットなので 軽く、しわになりにくく、動きやすい のが特徴になります。

演奏会場にもコンパクトに持ち込めるようドレス素材になります。

大柄はステージ上で映え ピアノの黒とのお相性も良くお薦めです。

https://www.azamiya.com/item/pfe-1/ ← 生地はこちらで販売をしています。

お得!二度うれしいドレスの着回しにオーバースカートはいかがでしょうか?

18/02/14 |カテゴリー:演奏用大人ドレス ,素材
二着ある様に見える ドレスの着回しにオーバースカートをプラスしてもう一着分の雰囲気はいかがでしょうか?




一着のドレスを二着風に見せるお得なオーバースカートは ロングドレスやパンツスタイルのドレスにも合わせる事が出来ます。

DSC02644.JPG
すでにお持ちのドレスにオーバースカートとして重ね合わせる事が出来ます。 
同じ演奏会で少しイメージを変えたい時などにとても重宝いたします。

450-PA.jpg
写真はホームパーティーなどチョット雰囲気を変えたい時など パンツスタイルの上に合わせる事も出来ます。 着回し演出が色々出来ます。
オーバースカートが一枚あると とてもお得で重宝する組み合わせのご紹介です。

オーダードレスの仮縫い 体系が解りにくい場合の仮縫い方法です

16/11/30 |カテゴリー:ご注文のドレス ,演奏用大人ドレス
サイズだけでは体系やくせが解りにくい場合はトワール(別生地)での仮縫いを一番始めいれます。



ご年配のオーダーのドレスになるとサイズを頂いただけでは体系やくせが解りにくい場合も有ります。

特に身頃部分は きつさ、ゆるさが一番気になる所なので動画の様な別生地で仮縫いをしてその方のサイズ、体系を頂き パターン上に展開します。

ドレスの場合はどのような体系でも身頃部分がフィットしている状態が一番きれいにみえますね。

ドレスについてご質問などありましたら お気軽にお問い合わせくださいませ。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。