演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

オーダーのドレス制作では仮縫いが一番大事になります。

18/11/20 |カテゴリー:ご注文のドレス
そのお召しになる方にあわせてのオーダーのドレスは仮縫いが一番大事になります。



市販のドレスでは素材、デザイン、着心地などより 見た目が華やかなものが第一に作られている為なかなかフィットするドレスには巡り合いづらいですね。

音楽の発表会や演奏用のドレスは着心地は勿論 演奏のしやすい(動きが十分にある)物がとても大事になります。

演奏する方々は演奏する楽器と演奏スタイルがそれぞれに違いがあり それぞれの動きにあったドレスの仮縫いが必要になります。

演奏用のドレスは 軽く演奏しやすいもの が一番ですので 仮縫い(仕上げ前の調整)がやはり重要ですね。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。