演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

母から娘へ 同じウエデイングドレスを二代に渡りお召しになります。

16/11/11 |カテゴリー:ドレスのお直し
母から娘へ 同じウエデイングドレスを二代に渡りお召しになります。
二重の幸せが舞い込みますね。



20年以上前のドレスは袖のボリュームが大きくて デザインが古くなっています。

先ず、お直しとして袖のボリュームを外しタイトにしてドレス全体のバランスをみます。

一度に あそこ、ここと直すと 本来のデザインが壊れてしまいますので 一番古く目立つ所から徐々にお直しをして行きます。

生地に汚れや痛みがある場合は その部分をデザインで補う事も必要です。

今回は 大きな汚れはなく簡単なお直しで直りそうです。

ウエデイングドレスはデザイン、素材が豊富なので その都度の直し方が違います。

ご質問などありましたら 気軽にお問い合わせください。


ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。