演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ドレスのボリュームを出す時、取り付けのパニエと別仕立てパニエがあります。

16/09/19 |カテゴリー:ご注文のドレス ,演奏用大人ドレス
ドレスのボリュームを出す時、取り付けのパニエと別仕立てパニエがあります。


演奏用のドレスでドレスにボリュームの必要な時 別パニエを着用してボリュームを表現する場合と
ドレス本体にパニエを取り付けて一体化する場合との二通りの方法があります。

1、別パニエにする場合 違うドレスにそれぞせ合わせて着用する事が出来る。

2、ドレスに取り付ける場合 ドレス本体と一体に成っている為演奏中の動きに違和感がない。

パニエに関しては 演奏する人の好み演奏しやすい方法でドレスをお召しになれば良いので決まりはありません。

オーダーで演奏用のドレスを制作する場合 その方の演奏の姿勢や着心地の具合などをお聞きして作りますので 決まりに捕らわれる事はありません。

痩せている方々の方が別パニエよりドレスに取り付けてある方が安心される方が多いですね。
内側のウエスト部分が締まっているいる事画気になるのかもしれないですね。


ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。