演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ドレスの刺繍、下絵に添って色やコードなどを準備をします。

16/09/06 |カテゴリー:ドレス装飾
ドレスの刺繍はドレス本体の色に合わせたパンコールやコードの下準備をします。 



ドレスのパーツ部分なのでドレス本体の色に合う色と図案にふさわしいコードやビーズを準備します。

線として表現する物などは先に装飾の下準備をします。

オーダードレスの場合は ビーズや、スパンコールの刺したものは全部刺しきらずに途中、途中でその刺したモチーフをお客様に確認しながら 仕事を進めで行きます。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。