演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ドレスの仕上げは裾で決めます。

11/12/04 |カテゴリー:ジュニアドレスのご注文
大人ドレスもジュニアドレスも ドレスの仕上げは その人着用のドレス丈があります。
ミディー丈、ロング丈など デザインとお好み、ロケーションもあわせ ドレス丈が微妙に違います。


ドレス丈が決まれば ドレス仕上げも最終に入り より慎重にハサミを入れてゆきます。

450-1.jpg
ドレスの一番中心となる素材のスカートから スカート丈を決めて行きます。床上がりをピンで決めます。

450-2.jpg
オーバースカートは中心となるスカート丈が決まってから  下のスカートがのぞかない程度 2cくらい長めに 丈を調節 はさみを入れます。

ジュニアの演奏用ドレスは 年齢や可愛らしさを踏まえて 足首丈が一番品良く、可愛いらしくみえます。  大きなステージでは 大人のドレスのようにロングで引きずるドレスが良いようにお母様方はお想いのようですが ジュニアらしい雰囲気は感じられません。
その年代に合った その時期しか似合わない雰囲気のドレスがあります。
それを踏まえたお嬢様方は 大変品良く 好感を与えています。

確かに成長期で一回きりかもしれませんが 少しづつの手直しで4~5年着用が可能です。

オーダードレスは少し贅沢かもしれませんが 安心して着用いただけるドレスは 安心してコンクールに望め 良い結果をもたらし 将来の良い糧になる場合もあります。

コンクール、演奏会、発表会に着用のドレスは 安心感のあるドレスをお薦めいたします。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。