演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

友禅留袖からコートに リメークしてみました。

11/07/04 |カテゴリー:加賀友禅ドレス ,着物地からドレスへ
昭和初期の加賀友禅留袖をゲットし もう一度衣装として復活したくてコートに作り変えてみました。
着物柄はカラー印象が強く 洋服にする場合は生地事態を洋服地に合うように換えてからの製作です。

tomekimono.jpg
 上前と下前に同じ柄がある 手の込んだ古典柄です。貴重な着物です。

ko-tom1.jpg
                  コートの前の様子です。 
着物地にはブルーグレーのオーガンジーを重ねています。 袖、衿、ベルト地は畝のあるシルク洋服地を使用しています。

ko-to2.jpg
コートの後ろ裾部分に友禅柄を使用しています。 柄部分にもオーガンジーを重ねています。

ko-to3.jpg
留袖の家紋をえりの下に隠し紋のように配し  前コートポケット位置にも家紋を配してみました。
着物地を総て使用すると 着物の臭いが強過ぎて洋装の世界にも入れなくなります。
洋服地を何処かに取り入れる事が 洋服のリフォームには大事のようです。

東武デパートでの 展示会で好評を得た一着です。


ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。