演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

既製品のドレスのお直し ストレッチ素材の場合

17/09/21 |カテゴリー:ドレスのお直し
既製品のドレス ニットやストレッチ素材の場合の説明です。  
お直しのポイントは デザインを崩さずに縫目に生地の浮分を入れ込みます。 
伸びる生地の場合は その着る人のサイズよりきつく縫い込み事がポイントになります。
 本来のデザインを壊さずにお直しする必要があります。

墨アート 花 語りのコラボレーション

17/06/12 |カテゴリー:季節の話題
墨アートと花のコラボ こんな演出見た事がなく 素晴らしい企画です。
 

テーマは吉野谷の「御仏供杉」 

この季節木々、花も盛りで 杉も新葉が出てみずみずしい様子を室内に再現しました。
400-owari.jpg
後の様子です。
450-okasi.jpg
お抹茶のお菓子「里アジサイ」

450-sannka.jpg
参加者 湯谷は語りをさせていただきました。

立体からのパターン作りは必ずボディーに合わせます。

17/04/03 |カテゴリー:ドレス作りへの熱意
新しいパターンを作り時はどのようなデザインでもボディーに合わせて立体から作ります。

今回はカシュークールタイプの右掛け合わせたデザインなので 生地の端が不安定になりますので このような場合は必ず立体からのパターン作りは必須です。

生地の方向、ダーツ位置、サイズ、ゆとり分など総てをこの時に見て行きます。

立体で出来たラインを紙上に展開して パターンを作ります。

この工程は立体裁断の基本になりますので 基本が出来て入れば 後、色々のデザインを乗せる事が出来ます。

演奏用ドレスに ミニ丈のドレスなかなかお洒落ですね

17/03/21 |カテゴリー:ご注文のドレス
演奏用ドレスに ミニ丈のドレスなかなかお洒落ですね。

ミニ丈ドレスですが、ソフトチュールで外に向かって広がりが出ています ドレスの面積が小さいので広がりを出す事で華やかなドレスになります。

演奏風景や楽器の違いなどから 
ロングドレスでは表現出来ない新たな演奏風景がイメージ出来ますね。

450-buru-1.jpg
450-buru-2.jpg
ミニ丈のドレスは このままの着用も パンツとのセットドレスとして利用できます。

演奏する雰囲気は色々あり ジャズ、軽音楽、などの部門ではすぐイメージが出来ますが 
マリンバ演奏、ヴィオリン演奏など ステージ上を移動する時にこのようなミニ丈のドレスも中々お洒落感があって お薦めです。

オーダー頂いたお客様はエレクトーン奏者の方で選曲がジャズ風で そのような雰囲気のドレスがご希望でした。

ドレス本体はシャンタン生地を使用していますが 表生地だけではドレス丈が短いので貧相に見え
ボリュームを外に出す チュールを上にのせ 華やかさを表現しています。

トロンボーンや、トランペット奏者の方がた(ステージ上で動きまわれる)にもお薦めのデザインです。



ドレスの華やかさのアップ度は装飾品のプラスです

17/03/15 |カテゴリー:ドレス装飾
ドレスの生地やデザインは華やかな物ですが もう一つ華やかさをプラスするには 
ビーズ、スパンコール、刺繍などを加えるとより華やかになります。



ステージなどの演奏やパーティー会場など ライトが当たってキラキラがより輝くところでは 生地のみのドレスでは寂しく見える場合がありますね。

そんな時に華やかさが出るのはスパンコールやビーズ、ビジューなどをドレスに付けると 
大変華やかになります。

付けるポイントはドレスの色との同色がとてもお洒落に品よく見えます。

鮮やかな色の組み合わせも素敵ですが ドレスの用途にあった装飾品を付ける事をお薦めします。

模様など表現する物が無く キラキラを散らした様に付ける場合はドレスとの同系が素敵です。

会場でのライトにより違った色を出すビジューもありますので、同色をお薦めします。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。