演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

ロングスカートに最適の黒ボーダー柄フイルムオーガンジー 

18/01/11 |カテゴリー:黒ドレス
演奏用のロングスカートや発表会用のドレス、またふんわり感の薄手コートなどに最適な、黒フイルムオーガンジーの紹介です。



黒オーガンジーと黒フイルムのボーダー柄オーガンジーです。

フイルム糸の部分は光沢がありオーガンジーの透け感との柄違いの表情は面白いです。

たっぷりギャザーや大き目タックをウエウスト部分に入れふんわり感のロングスカートは発表会や演奏会のステージ衣装に最適ですね。
薄地でソフト感があり 生地をタップリご使用になる方が素敵にみえますね。

生地はソフトタッチになりますので 縫製の扱いは楽ですね。

おしゃれ用のふんわりコートなどにもお召しになれます。


http://www.azamiya.com/item/kbfo-1/  ←こちらで販売をしています。

シルバー(75歳以上)向けの工芸を取り入れたジャケット

18/01/10 |カテゴリー:加賀友禅ドレス ,素材
シルバー向けの工芸を取り入れたお洒落にこだわったジャケットのご提案です。



生地の素材だけではなくチョッピリお洒落な工芸品などを取り入れると 年代層は高くなった方々に似合う装いになります。

オフ白ふくれ二重織 ウエデイング用ボレロにいかがでしょう!

17/12/23 |カテゴリー:素材
オフ白ふくれ二重織 ウエデイングドレス用のボレロにも向きます。



オフ白のふくれ二重織オパール加工入りオーガンジー
生地表面はバラ柄の模様が出ています。

ロングブラウスや軽く羽織ジャケットコートなどにむ向きます。

寒い季節のブライダル ウエディングドレスに会場外(廊下、チャペル、待合室)などでドレスの上にちょっと羽織られていると季節感がありとても素敵にみえますね。

ボレロや大き目ショールにもご利用くださいませ。





子供発表会用ドレスお揃いのドレスは嬉しいですね。

17/12/20 |カテゴリー:子供ドレス
子供の発表会ドレス お子様にとってドレスを着れる事が大変嬉しいものですお姉さんとのお揃いのドレスで発表会に出てみませんか?



お子様のピアノ発表会ドレス オーガンジーの色を組み合わせたドレスを提案してみました。

お子様ドレスの色合いは一般に淡いピンク、白、ブルーなど おじいさま、おばあさま側から見るとお好みの色合いが多いものが市場にでていますね。(プレゼントが多いので)
最近のお子様は 結構お洒落に関心があり ご自分の意見をお持ちで色、デザインなども大人の雰囲気の物が多くみられます。

そんな中でオーガンジーにより色作りから出来る方法のご紹介です。
透明感のあるオーガンジーは 別色を重ねると新しい色が生まれます。
それらを動きのあるドレスのスカート分に使用すると動きにより色が動き面白い色合いになります。

透明度の高いオーガンジーが良く出ます。

濃い色の重ねでは綺麗な色が出にくいですね。

http://www.azamiya.com/item/or-9/ ←生地・あざみやのM8番
http://www.azamiya.com/item/or-3/ ←生地・あざみやのシャンパンゴールド を使用しています。

ドレス全体に 同じ色を使用しても良いのですが身頃部分を黒べルベットを使用すると全体のドレスの雰囲気が締まってみえます。

お子様だけだはなく 大人のドレスとしてもこの組合わせはご利用になれます。







着物地を使用した時のスカート作りの工夫を入れるポイントの説明

17/12/15 |カテゴリー:着物地からドレスへ
着物地を使用した時のスカート作りはシルエットをどのようにしたいのか、生地の扱いを考えます。


着物地の幅と長さは総て決まっていますので その要尺の範囲内でこれから作る物のパターンを置いてみます。

服地からスカートを裁断する時は生地巾にパターンが入ればよいので工夫はあまり必要ありませんが 巾の狭い着物地は裾の広がる分をどのようにするかを考えます。

服地の様な広がりが欲しい場合はマチ分を間に入れ広がりを出します。

今回の柄行きは差し込みが可能な柄ですが 横のラインを一本の線上につながる柄合わせが必要です。

着物柄は一方向の柄行きが多いので気を付ける必要がありますね。

画像の様な色の鮮やかな物は ロングスカートより ノーマル丈がお洒落になります。

ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。