演奏ドレスの専門店オーダードレスの美露土

デザイナー日記

大好きな演奏用のドレス お直しをしてまた演奏会に出演したいですよね。

17/11/17 |カテゴリー:ドレスのお直し
演奏会が決まり 演奏用のドレスをようやく見つけた大好きなドレス 時間が経ってサイズが合わなくなったとあきらめないで! ちょっとお直しをするだけだ、また着て演奏することが出来ますよ。
  
一番簡単で お安いお直しの方法をお知らせします。


先ず、ドレスを着てどれ位サイズが不足しているかを確かめます。 
「なんとなく3cmかしら4cm位かもしれない」 は正確ではありません。

動画で説明しているような方法で 不足分をお出しください。(どなたかにお願いしてくださいね)

ドレスは身頃がフットしているとご自分のドレスになり、一番綺麗にみえます。

身頃のサイズ出しだけで着心地が良く、演奏に支障が出なければそれで十分です。

今回は不足分を 脇の縫目で出す事にした一番簡単で お安いお直しの方法をお知らせしました。

遠方の方もこのような方法でお直しをされれば来店されなくても お直しは可能です。

演奏される方は忙しくお時間がありません。 近隣の方々にもこのような簡単なお直し方法をお知らせして お直しのお仕事をしています。

体系やデザインが難しい場合は お時間を頂き仮縫いを数回入れて仕上げる様にしています。

ドレスは高価なものです。 大好きなドレスを何度も着て演奏会に出演してくださいね。

そんなお直しをご協力させていただきます。


*脇、縫目などからの サイズ出しは¥7.000~¥8.000位になります。
  (縫い代の有り、無しなどもあり) ドレスの様子をお伺いします。




子供のドレス、ピアノ発表会どんなドレスがよいでしょうか?

17/11/14 |カテゴリー:子供ドレス
市場に既成品として出ている子供の発表会ドレス 「なんとなく同じような雰囲気が多いのでチョッピリ物足りなくて」と ご相談を受けオーダードレスとしてお作りする事になりました。

「黒っぽいドレスもおかしくないでしょう」 と のご希望で黒の花柄オーガンジーを使用します。
 


黒の花柄オーガンジーに色を組み合わせる事にしました。

黒花柄アンダーは山吹色のサテンを重ねています。 
身頃は黒の薄地ベルベットで無地の部分があると全体が締まってみえます。

袖はオーガンジーの透け感を生かしパフのふっくら袖に仕上げます。

お子様用の発表会のドレスですが 大人用のドレスの色、柄組み合わせも可能ですね。

黒のこども用ドレスも最近はお洒落に着こなして発表会に出ていらっしゃるお嬢様もお見受けいたします。 

ピンクやブルーの次のドレスは こんな大人っぽいドレスもお薦めですね。

子供発表会ドレス作りました 120サイズ

17/11/10 |カテゴリー:子供ドレス
ピアノの発表会にいかがでしょうか?
シワ加工入り花柄オーガンジーで 120サイズの子供発表会ドレスをつくりました。


シワ加工入りのオーガンジーは 大人の雰囲気ですが 色、柄デザインによりお子様の可愛いドレスもなりますね。

無地部分がどこかに在ると ドレス全体が締まってみえますね。

ピアノ演奏の黒との調和がとても可愛くみえますね。

120サイズ になります。

http://http://www.azamiya.com/item/kdb-2/  ← こちらで販売をしています。

ジャケットの羽織ものに軽くてシワにならないジャガード生地

17/10/25 |カテゴリー:素材
旅行着には重宝する軽くてシワにならないジャガード生地 ジャケット、コートに向いています。
バックに丸めて入れていてもシワにならないのがうれしいですね。


生地の表面はストライプ状にふくらみが出ています その部分は熱処理によって裏生地が縮み、表にふくらみが出るような繊維で織り上げています。

生地にふくらみを出す事で 軽く、あったかく、シワになりにくい状態になり ハオリ物に向いた生地になっています。

体調のおもわしくない方には軽く、暖かな素材は裏しいものですね。

ハオリ物の作り方としては 単衣で裏地なしが体になじみお薦めです。

グレーと白の小花模様は上品な印象を与え ミセスやシルバーの方々にいかがでしょうか?

ラメ生地、特殊生地とはどんな素材?

17/10/20 |カテゴリー:素材
光沢を出す為に作られたラメ生地やガラス繊維を織り込んだ発光繊維などを特殊生地と呼んでいます。モルフォテックスなどがあります。
 

使用用途はステージの衣装であったり、イベント用、など非日常な所で生地の良さが発揮されます。

ライトなどが当たるとより面白さが増します。

衣装として利用する場合はステージの大きさなどに合わせる事が大事ですね。 
狭い会場で光沢ラメラメでは見ている方が疲れますので会場の広さの光沢のバランスは必要ですね。

無地の光沢フイルムオーガンジーなどは 上から吊るす会場のディスプレーとして使用すると光りが反射し 素晴らしい会場作りになりますね。

生地はこちら販売しています。



ブログ内検索

リンク

プロフィール

湯谷 知子
ドレスデザイナー
生地アドバイザー
デザイン、パターン、製作 の一貫性を通した30年来のドレス作りをしています。
軽く、機能性のある演奏向きのドレス作りは 演奏者の方々には大変好評を得ています。
デザイナーの湯谷知子自身が お客様のご要望をお聞きしてご相談しながらのドレス作りを行っています。
会話の中から お好みや雰囲気をキャッチします。